6月30日に岐阜大学の教育学部にて、Meets Visionの岩田が進路講話をおこないました。

 

「自分の向き合う90分」と題し、大学生時代に経験して欲しいこと、自由と責任とは、進路選択の際に何を重視するのか?など様々なテーマの話をしました。

IMG_2260IMG_2266

 

教育学部ということで教職を目指す学生が多い中、まだ進路が定まっていない1〜3年生を中心に進路選択の話を真剣な眼差しで聞いていました。

〈講話を受けた学生の感想〉
大学生=人生の実験期間、確かにそうだと思いました。
今この時期にいろんなことに挑戦していきたいと思いました。

一見無駄だと思えることに意味が有る。
意味が有ると分かると「無駄」ではなくなる。それが経験になる。
なるほどな。って思いました。
やっても意味が無いとか、時間の無駄とか、いろんなことを否定しがちでした。
今後はまずはやってみよう。と思いました。

 

Meets Visionでは、小学校〜高校、大学、保護者様向けの講演を行っています。
講演依頼に関しましては下記リンクよりご依頼ください。

http://meets-vision.org/inquiry/lecture/